老後資金の貯蓄ができる個人年金保険!税金と解約デメリットとは

-shared-img-thumb-PAK85_kakuteishinkokuyabai20140312233602_TP_V.jpg

個人年金のリスクとしてまず考えられることは解約することではないでしょうか。一般的な医療保障や生命保障は保障の見直しで他社へ乗り換えたりします。

個人年金の危険性LinkIcon

-shared-img-thumb-SAYA160312370I9A3675_TP_V.jpg

私が個人年金保険に加入したのは39歳の時でした。同じ職場にいる職員の子が保険会社に就職したので、その保険会社の個人年金保険に加入しました。

個人年金の体験談LinkIcon

-shared-img-thumb-SAYA160312500I9A3721_TP_V.jpg

私が現在、加入している個人年金は住友生命の「たのしみ一番」です。この住友生命の個人年金は、毎月の保険料は気軽に1万円程度から始められます。

住友生命の個人年金LinkIcon

-shared-img-thumb-YUKA150701558664_TP_V.jpg

自分が30代の頃、公的年金をもらえる年齢が引き上げられることになり、生きている間に受け取れないのではないかと老後が心配になってい時、個人年金のことを知りました。

老後と個人年金LinkIcon

-shared-img-thumb-PASONAZ160306230I9A1809_TP_V.jpg

個人年金保険は、民間保険会社による年金保険です。国民年金や厚生年金のような公的年金は、高齢化社会の中で年々給付が減っておりますので。

税金と個人年金LinkIcon

【個人年金保険の相談はこちら】

個人年金保険は、公的年金だけでは足りない部分の貯蓄ができる人気の保険です。
しかし、個人年金保険のデメリットとして「解約返戻金」があります!
保険契約の解約時に返戻金が受け取れるため、お得に感じられるかもしれませんが、途中中解約をしてしまうと、払込んだ保険料の金額を下回る「元本割れ」のリスクもあるのです!
6cd12d7cc1478adf199ac023ace16ed7_l.jpg
そのため、個人年金保険では加入・解約時において適切なタイミングを見切ることが大切になります。
個人年金保険で失敗をしないためは、「生命保険の相談に役立つサイト」を活用してみましょう!
各社の個人年金の比較をするだけでなく、保険の無料相談へ行った体験談もリアルに書かれています。
私も生命保険の見直しに関する情報は、参考にさせていただいているサイトの1つになりますので。
個人年金に限らず保険の悩みがある方は、一度訪れてみてください!
http://hokenpeace.com/